【Unity】ストップウォッチを作ってみる

前回、経過時間の取得を記事にしました。 折角なので、時間を使った物を作ってみたいと思います。 時間を使った物と言えば、ストップウォッチやタイマーでしょうか。 今回は、ストップウォッチを作ってみたいと思います。 ストップウォッチと言っても数値を表示するだけになりそうなので、 アナログとデジタルの両方を考えてみたいと思います。 Unityのセッティングをします。 プラットホームはandroidで、キャンバスの設置と白背景をセットします。 背景ができた所でパーツになるオブジェクトを配置します。 UIをまとめる為にキャンバスを追加して、CanvasUIにリネーム レイヤーを1にします。 パーツとしては、アナログディスプレイ、デジタルディスプレイ、ボタン類のペアレントを用意します。 アナログディスプレイは、メイン文字盤とメイン針をセットして秒に対応させます。 メイン文字盤の中にある赤いサブ文字盤は分計となります。 針は、支点を下端にする必要があるので、セットする際にYピボットを0にします。 これで、回転のz軸の角度を変えると針の下端を中心に回ってくれます。 サブの分計の針もYピボットを0にします。 アナログのパーツができたので、デジタルのパーツを用意します。 デジタルのパーツは、色付き背景とテキストを用意すれば問題ないかと思います。 デジタルの表示は、時:分:秒の表示にします。 秒は、小数点以下2位までの表示としま…

続きを読む