【Unity】アニメーションのお勉強(IK編)

前記事でBoneについてまとめましたが、 骨格を設定すれば、スプライトを動かせる事が分かりました。 一つのスプライトからモーションが作れるので、 便利なんですが、更にIKなるものが存在すると言う事で、 試してみたいと思います。 まずIKについてですが、インバースキネマティクスの略なんだそうです。 連続した骨格の先端から動かす事で親になる骨を連動させる方法なんだとか。 簡単に言うと、物を掴む動作を設定したい場合、 肩・肘・手と骨格を動かす事になるのですが、 角度を調整するのが結構難しかったりします。 IKを入れる事で、手を掴みたい物に寄せると 肩や肘がコンピューターの計算で自動的に連動する仕組みとなります。 子骨から親骨を連動させる仕組みと言った方が分かり易いでしょうか。 反対にFK(フォワードキネマティクス)ってのがあるそうですが、 UnityではIKが使えるので、早速勉強してみたいと思います。 IKを使うにあたって、骨格が無いと扱えないので、 前記事のアンドロイドを使っていきます。 骨格の設定については、前記事を参照下さい。 今回は、IKを使って走るモーションを作成してみます。 まず、アンドロイドにIKを導入する為、準備をします。 ヒエラルキーの一番下に空のオブジェクトを作成して、IKとリネームしておきます。 このIKオブジェクトにIKManager2Dコンポーネントをアタッチします。 コンポーネントの一…

続きを読む