【Unity】アニメーションのお勉強(クリップ遷移編)

2020/5/28一部修正 2020/6/7SetTriggerの修正・追記 アニメーションのお勉強と言う事で、 前記事で基本的な使い方を紹介しました。 スプライトの差し替えで動作を作る所まで出来たので、 今回は、複数のアニメーションクリップを条件に合わせて、 遷移させる事を勉強しようと思います。 アニメーションを作成すると二つのファイルが作成されます。 ・Animation ・Animatorコントローラー AnimatorコントローラーがAnimationを呼び出して、再生される仕組みになっていまが、 このAnimationファイルは、複数作る事ができます。 一つのAnimatorコントローラーに複数のAnimationを作成して、 状況に合わせて、Animatorコントローラーが必要なAnimationを選択して、 呼び出すように出来ています。 ざっくりと概要を書きましたが、なんのこっちゃ? となりそうなので… (°0°)\(--; オイオイ 実際に作って行こうと思います。 まず、モーションのAnimationを作成したいので、 こんなスプライトをインポートしました。 前記事最後に登場したロボくんです。 今回は、ロボを使って向きを変えると 連動したアニメーションが再生されるようにしてみます。 一枚物のスプライトなので、SpriteEditorでスライスします。 裁断ができたので、アニメーシ…

続きを読む

【Unity】アニメーションのお勉強(基本編)

皆さんAnimationを使っていますか。 動き物を作る時に使えると便利なアニメーションなのですが、 ケロは全然使ってませんでした。(- .-)ヾ ポリポリ アニメーターのフローがどうも馴染めなくて、 触ろうともしてませんでした。 (;^_^A 動き物を作ろうと思うと必要になるので、 勉強していきたいと思います。 (°-°;)ヾ(-_- ;) 今更かよ… 簡単なアニメーションなら作成した事はあったのですが、 キャラクターの動作など作った事がなく、使い方を知りませんでした。 一から勉強と言う事で、お勉強をしてみたいと思います。 (;^o^) \(ToT )小学生か! 既にご存じの方は傍観して頂けると幸いでっす。(..*) オハズカシイ・・ Unityのアニメーションは、Mecanimと言う機能でアニメーション作成から 実行までをエディターで一貫して操作できる機能です。 本来、複雑なスクリプトを組まないとできないアニメーションですが、 Unityなら簡単に作成できるようになっています。 アニメーションの再生は、時間経過に沿ってパラパラ漫画の様に 設定した絵が上書きされて行く感じになります。 ざっくりと説明するとこんな感じなんですが、 実際にどんな感じの物が作れるか試したので、動画にしてみました。 ケロたんコーラス隊でっす。 AnimationTest - Animation3 - Android - …

続きを読む

【Unity】テレポーターを作ってみる

stayホームで家から出てないのに、Unityの勉強が進んでないケロです。 何事もマイペースが信条でっすw (;^o^) \(ToT )あんたほんとにそれでいいの 外は天気がいいのに、どこにも行けない。 自粛要請はいつまで続くのやらヽ(´~`;)ウーン コロナの無い所にテレポートしたいですね~ そんな事で、無理やりお題に結びつけてみました。 今回はテレポーターを作ってみたので記事にしてみます。 まず、オブジェクトをテレポートさせるには、 transformに移動先を指定すれば、瞬間移動してくれます。 実際に簡単な物を作ってみます。 赤い円がテレポーターです。 ボール青が上昇して行き、テレポーターに当たると Canvasの最下段にテレポートして、上昇を続けます。 黄色のストッパーに当たると停止するみたいな感じです。 Test_Ball using System.Collections; using System.Collections.Generic; using UnityEngine; public class Test_Ball : MonoBehaviour { public float speed; //ボールのスピード private Transform balltran; //ボールのtransform private bool movi…

続きを読む

【Unity】四捨五入を考える

座標をポジション管理する時に 前後の座標の中間点をどう処理するか悩みませんか? ケロは、いつも悩んでおります。(-_-)ゞ゛ウーム 例えば、ピッチが20でポジションの座標が0、20、40… とあった場合、オブジェクトが30の位置に停止したら 20なのか40なのか… ポジションの計算は、座標/ピッチで出せるのですが、 30/20=1.5になります。 こう言う時に四捨五入を使えると、ポジショニングに 法則性を持たせる事ができるかなと思います。 そこで、四捨五入を調べてみたのですが、 余り使われる事がないのか見つける事が出来ませんでした。 それなら作ってしまえと言う、あまり内容の無い記事となります(;^_^A まず便利なMathf関数をおさらいしてみます。 ・Mathf.CeilToInt(数値) 小数点以下切り上げ ・Mathf.FloorToInt(数値) 小数点以下切り捨て ・Mathf.RoundToInt(数値)小数点以下偶数丸め 実際にどうなるのか検証したいので、 using System; using System.Collections; using System.Collections.Generic; using UnityEngine; public class RoundTest : MonoBehaviour { public float[] num; …

続きを読む

【Unity】ドラッグでオブジェクトを回転させる

2020/4/17一部修正 余りオブジェクトを回転させる事ってないんですが、 私だけヽ(´~`;)ウーン 球転がし迷路を見た時に どうやってオブジェクトをドラッグで回転させるの? と疑問が湧きました。 少し考えてみたのですが、 ドラッグ開始ポイントを取得して、マウスの移動量から角度を割り出して、 出た角度をオブジェクトに代入する。 こんな感じなのかな~ と思いました。 しかし、移動量から角度を割り出す計算は、 三平方、余弦、オイラー変換が必要になりますヽ(´~`;)ウーン 学生時代、勉強を放棄していた私には、???? のオンパレードでっす。 (°-°;)ヾ(-_- ;) シモシモ・・ そこで、Google先生に泣きつく事にしました。(T^T) センセイ こんぶさんの Unity : マウスで物体を回転させる がヒットしました。 いつも有益な情報をありがとうございますm(_ _)m 早速流用させてもらいまっす。(^ё^) ♪♪ まず、androidのセッティングをすませて、背景まで設置したら、 こんぶさんの情報通りのオブジェクトを追加します。 こんぶさんはBoxにされていますが、私はターゲットとしておきます。 続いて、 ハンドルが必要になるので、 ターゲットの子にImageを追加してハンドルを作成します。 ハンドルはターゲットの右上に配置しておけばいいかと。 これでUIの準備…

続きを読む

【Unity】Water2Dをアレンジする

2020/4/5全面修正 背景設定ができないので、 試行錯誤していましたが、答えが見つかりません。 なので、背景が使えるサンプルの流用を試したので 記事を差し替えます。 削除前の記事を参考にされていた方がおられたら申し訳ありません。 (_ _(--;(_ _(--; pekopeko では、新しくアレンジを紹介していきます。 Water2D→SCENEを開いて、サンプルを選択します。 今回は、ExampleSceneを使ってみます。 開いたサンプルを名前を付けて保存で、Sceneのコピーを作ります。 今回は、ArrangeTestとしておきます。 このサンプルにはCanvasが設置されているので、 アクティブ化して、android設定に変更していきます。 レンダーモードをスクリーンスペース・カメラに変更 レンダーカメラにはCameraオブジェクト内の2-DefaultCameraをアタッチします。 画面比率は16:9Landscapeを適用するので、 スケールモードを画面サイズに拡大にして、 1280×720サイズ、マッチングを縦方向の1にしておきます。 これでスケーラーが働くので、カメラ境界にブロックを置いて検証すると… 16:9Landscape 18:9Landscape 19:9Landscape 無事にスケーラーが機能しています。 これで画面調整がやりや…

続きを読む

【Unity】Water2Dで遊ぶ

新型コロナに振り回されている今日この頃ですが、 皆さん大丈夫でしょうか。 人の集まる場所に寄らないのが賢明かと思います。 また手洗いが大事とか、日ごろの手洗い習慣が生きてきます。 自粛ムードが漂う中、 こんな時こそ、家に籠ってプログラムの勉強をするのがいいかな… なんて思う今日この頃なんですが、一日も早く撲滅を願っています。 さて、本題に移るのですが、 水を使ったゲームがありますよね。 ケロは、一時期ハッピーグラスにハマっていました。 水の動きって独特なんですが、どうやって作るのか疑問に思っていました。 調べると、レンダリングやシェーダーと言う言葉が見つかります。 正直、ぜんぜんわかりません(?+_+) ま、今後の勉強課題として取っておきます(°-°;)ヾ(-_- ;) シモシモ・・ そんなUnity情弱のケロにも手軽に実装できるassetがあるようで、 その名もWater2D 無料assetで水遊びができるとは、世も末です。(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ 早速インポートして遊んでみたいと思います。 まず、assetstoreから検索でっす。 プロ版は有料なんですな。 間違えずに無料版をポチっと押します。 インポートについては端折りますが、インポートが終わると Water2Dのフォルダが出来ているかと思います。 この中のSCENESを開くと サンプルのSceneファイルが5つ…

続きを読む

【Unity】プログレスバーを使ったタイマー

2021/1/16 Sliderを使ったロッドタイプの内容修正 2021/1/16 ブログの下に追記しました 暖冬の影響で温かい今日この頃ですが、 ケロはスキーヤーなので、悲しいシーズンを送っております。 近場のスキー場なら1時間くらいで行けるのですが、 いつも行くスキー場には、雪がありませぬ。(ToT )( ToT) ウルウル わざわざ400㌔程離れた新潟まで足を延ばしております。(´`;) 愚痴っても仕方がないので、 本題の、プログレスバーを使ったタイマーについてまとめます。 サークルタイプ 白地の丸スプライトを一枚用意します。 スライド部分に絵を入れたい場合は、もう一枚用意しておくといいかと。 インポートが終わったら、CircleProgressをまとめる空オブジェクトを用意します。 この中にImageを追加して、CircleBackとでもしておいて下さい。 このスプライトに白地の丸をアタッチします。 Progressの部分より少し大きめにしておくといいかと思います。 今回は、Progressの部分を200×200にするので、 少し大きめの210×210にしました。 続いて、Imageを追加してProgressとして、CircleBackの上に設置します。 スプライトに白地の丸、もしくは、別のスプライトをアタッチします。 白地の場合は、カラーを好きな物に変更します。 このImageがProgr…

続きを読む

【Unity】アクション系タイマー

タイマー記事の続きでっす。 今回はアクション系のタイマーを説明していきます。 アクション系のタイマーって、何?と思われる方もおられるかと… タイマーって数値をカウントして0になれば終了するものですが、 数値が減少して行くのって分かりやすいですが、少々味気ないものです。 ローディングやダウンロードで数値だけが動いているとイライラしたり これって私だけ(;´▽`A`` セッカチナモンデ 少しキャラが動いたりしてると紛れるかと思います。 また通常タイマーと違って、可愛らしいキャラを使った、 視覚タイマーをアプリとして公開されている方もおられます。 簡単ですが、アクション系のタイマーを作ってみたいと思います。 タイマー動画で上げたキャラは、某メーカーのキャラに似ていますが、 違うので注意でっす。 パクパクまんと言うキャラです。(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ パクパクまん、ボール、吹き出しのスプライトをインポートします。 ボールは、Green、Yellow、Red、の三色を用意します。 Redだけ大きいのは気にしないで下さい(;^_^A アセアセ・・・ 続いて、Canvasに空オブジェクトを作成してActionParentにリネーム、 この中に配置していきます。 Imageを追加して、パクパクを用意します。 スプライトは口を閉じている方を選択して、transformを設定します。 今回は、Y200 X-200に設定し…

続きを読む

【Unity】背景色を時間変化させる

いろいろなタイマーと言う事で、 4種類のタイマーを作ってみました。 ・デジタル ・背景色変化 ・アクション ・プログレスバー 前回デジタル表示に触れたので、 今回は、背景色変化について記事にします。 設定はandroidで行っています。 CanvasとImageを追加して、このImageを背景とします。 60秒でGreen→Yellow→Redと変化させていくので、 Imageの色をGreenにセットするのですが、 最初は、画像の赤枠の部分がRGB0-255になっていると思います。 Greenから色変化させる場合、RGBだと色変化させるのに かなりの手数が必要になります。 実際にバーを弄りながら色変化をさせると バーの操作が複雑なのが分かります。 そこで、 RGB色空間からHSV色空間に変更します。 RGBは、皆さんご存じ三原色です。 HSVは、色相、彩度、明度で表す色空間です。 HSVに切り替えると H(色相)部分がGreenからRedまで見えています。 この部分を操作すると、Green→Yellow→Redの色変化ができそうです。 難点は、Yellowの部分が短いのと このまま、HバーをYellowに合わせるとわかるのですが、 明度が低いので、黄土色と言うかうんこ色…… これでは見た目が残念なんで、明度も弄っていきます。 だいたい明度90くらいで、綺麗な黄色になります。(*_…

続きを読む